1. ホーム
  2. 赤外線サーモグラフィ紹介
  3. サーモカメラシリーズ
  4. SタイプとEタイプ2つのラインアップ

SタイプとEタイプ2つのラインアップ

Sタイプ

世界最速の連続シャッター性能0.5秒

赤外線サーモグラフィ「FSV-7000S」は、従来の200倍の数のイメージバッファが撮影した熱画像をマルチタスク処理する、独自開発の「ステルス処理回路」を搭載。

従来型のサーモグラフィの問題点である、1枚の熱画像撮影ごとに発生する数秒〜十数秒のインターバルを改善し、連続シャッター性能0.5秒を実現。

シャッターチャンスを逃すことなく、効率的な熱画像診断が可能です。

Eタイプ

エクセルでリアルタイムに熱解析

赤外線サーモグラフィ「FSV-7000E」は、温度測定されたデータをリアルタイムにエクセルで解析する業界初のエクセル・ダイレクトリンク方式を採用。

撮影中の熱画像をリアルタイムにエクセルに表示しながら、録画・解析を実行することができます。

普段使い慣れたエクセルで専門的な温度解析、簡単にレポートを作成することが可能です。

  • アピステへのコンタクトはこちら
  • カタログ請求はこちら
  • 赤外線サーモグラフィーはてなブック