1. ホーム
  2. 会社情報
  3. アピステの輸出規制について

輸出規制について

アピステの輸出規制について

我が国は、国際安全保障の観点から、大量破壊兵器(核兵器、生物・科学兵器、ミサイルなど)を拡散防止するために、軍事転用の恐れのある、製品及び技術の海外への輸出を規制しています。この規制は「外国為替及び外国貿易法(以下「外為法」)を法的根拠としており、規制の対象となる貨物及び技術を輸出する際には、経済産業大臣の許可が必要になります。

当社の輸出管理について

当社は外為法、その他日本の関係法令及び通達等により規制されている貨物及び技術が、直接、間接を問わず、規制対象地やその恐れのある地域や使用目的への輸出を防止することを基本方針としています。この方針を周知徹底するために当社独自の安全保障輸出管理規定(コンプライアンスプログラム)を制定、実施しています。

当社製品の該非判定について

当社製品の輸出規制に関する該非判定については、該非判定書類を用意いたします。当社の営業担当にお問合せください。

関連リンク

  • アピステへのコンタクトはこちら
  • カタログ請求はこちら
  • 赤外線サーモグラフィーはてなブック